Article

        

都合の悪いことも書いてゆきます

2017/ 09/ 21
                 
当ブログをカテゴリー分けすると、おそらく「ネットビジネス」、「投資」などが最も近いのではないかと思います。

そして私が最も気をつけていること。

それは、ただ手あたり次第に情報を流すのではなく、多くの案件の中から「これは!」と思ったものだけを厳選してブログで紹介するということです。

そして、これまでのところ、ノアコイン、OZプロジェクト、そしてフューチャーネットという3つの案件をブログで紹介してきました。

そのどれもが私が成功確率が高いと判断した厳選案件です。

そして3つ共に、自分自身も実際に投資しています。


さて、これら3つの案件の未来にどんな結果が待ち受けているのか。

私自身が大きな期待と、関心をもって見守っています。


ただ私は、自分が紹介したからといって、ネガティブな情報や都合の悪い情報を隠そうとは思っていません。

むしろその反対に、悪い結果が出たときには、それらも包み隠さず記事にしてゆきたいと考えています。

なぜなら、そうすることにより、私は紹介者としての責任を一つ果たせると考えますし、運悪く失敗した場合でもそのケースを実例として皆さんに提供できると考えるからです。

ということで、今日は上記3つの案件一つ一つについて現時点で私が考えるマイナス要因について書いておこうと思います。

1.フューチャーネット
登録して、報酬が発生してからちょうど1か月が過ぎました。

丸1か月の総報酬金額は318ドル。日本円にして約35,000円です。初月にしては上々の数字です。

しかし・・・直近1週間は全く報酬が発生していない状況が続いています。最初の3週間は順調でしたが、その後パッタリと止まってしまったのです。

これは一時的な登録ラッシュがピークを超え、単純に登録者が激減してしまったのだと思います。よって、これから先のことについては未知数という状況になってしまいました。

ただ、この案件については、本格的な波が押し寄せるのはプラットフォームが日本語化されたときだと思っています。また上位のグループがこれから全国的なキャンペーンを打つとも聞いています。よって、私個人としては焦る気持ちはありません。種蒔きはできたので、1~2年後先を見て、気長にフォローしてゆきたいと思います。強力案件であることに変わりはないので、今後も情報提供は行なってゆきます。


2.OZプロジェクト
このプロジェクトの難点は、未だに発生した利益を引き出せないことです。

マイページ上では毎日ビットコインが加算され、数字の上ではかなりの利益が発生しています。

注目のAIトレードも、当初予定の250%を大幅に上回る金額が配当予定金額として表示されています。

しかしながら、悪く言えば、これらはすべて単なる画面上の数字の羅列に過ぎません。

というのも、配当金を管理するはずのスマホ用ウォレットが未だにリリースされていないからです。

ウォレットがリリースされ、お金が実際に引き出せたとき、私はこのプロジェクトが大成功であったことを宣言し、同じくこのプロジェクトに投資された皆さんと一緒に喜びたいと思います。が・・・それまではまだ安心はできません。最悪の事態も想定しておかなくてはと思います。(OZプロジェクトの新規募集は終了しました)


3.ノアコイン
返金騒ぎがありましたが、その後は管理体制がより強固になり、逆に最も信頼性と安定感が増したと思えるのがノアプロジェクトです。

ウォレットも近いうちにリリース予定ですし、何よりも実際に日本のお店でノアコインを使って買い物ができるプラットフォームがしっかり準備されつつあるというところが心強いです。

暗号通貨は何千とありますが、実際にショップで使える通貨が日本ではビットコインぐらいであることを考えると、ノアコインがいかに高いポテンシャルを持っているかということがわかkります。

またすべてのお店でノアコインが使えるという、「ノアシティ構想」も、単なるアイディアではなくこちらも着々と準備が進められています。

日本人は敬遠するでしょうが、これから第3期、第4期でノアコインはさらに盛り上がってくると私個人は考えています。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント