Article

        

FutureNetの基礎知識(4) プランについて(その1)

2017/ 09/ 11
                 
これから何回かに分けて、フューチャーネットのプランについて説明してゆきます。

フューチャーネットの会員プランは以下の7種類があります。

無料会員
10ドル会員(メンバー)
25ドル会員(ベーシック)
50ドル会員(ゴールド)
100ドル会員(エクスクルーシブ)
500ドル会員(サファイヤ)
1000ドル会員(ロイヤル)

結局金かよ、と思う方もおられると思います。私もそう思ってました(笑)。

上記のうち10ドル、25ドル、50ドルはプロダクト会員、100ドル、500ドル、1000ドルはビジネス会員と呼ばれています。

つまり、ある程度ビジネスとして稼ぎたいならば、100ドル以上の会員になっておいたほうがよいということです。

プラン選択の画面は以下のようになっています。

プラン

プランはご自身の予算に応じてアップグレードしていくことができます。

たとえば、最初10ドル会員でスタートしたけど、25ドル会員にアップグレードしたくなれば25ドルを追加で支払います。
10ドル会員から50ドル会員にアップグレードしたければ、25ドル+50ドル=75ドルを追加で支払います。
もしも10ドル会員から1000ドル会員にアップグレードしたければ、25ドル+50ドル+100ドル+500ドル+1000ドル=1675ドルを追加で支払います。

つまり、1000ドル会員になろうと思えば1000ドルを支払えばいいのではなく、その下にあるすべてのプランを買わなくてはいけないということです。

ちなみに結果から先にお伝えしておくと、本当に本気でフューチャーネットをビジネスとして考えるのであれば、最初から1000ドルプランでスタートしたほうが絶対にお得です。理由は、そのほうが最高に効率がいいからと、あとから始めた人に抜かれることがないからです。これについてはまた日を改めて説明します。

つまり最初から1000ドルプランでスタートするためには1685ドル必要ということになります。日本円にして約18~19万円。けっこうな金額ですよね。

各プランをクリックすると、それぞれ以下のように自分を起点とするツリーが表示されます。
ツリー

ツリーは2段目が3人、3段目が9人、4段目が27人・・・・と決められていて、コミッションの対象になるのは10段目までとなります。3の10乗ですからものすごい数ですね。

ダウンラインは、自分で直接紹介者を出さなくても、上位に集客力の強い人がいる場合は、上位に配置しきれない分が溢れて下位にいる人たちに順番に自動配置されてゆく仕組みになっています(これをスピルオーバーと言います)。なので、紹介が苦手な人でも先行者グループに入ればかなりの収益が見込めます。もちろん1人でも2人でも直接紹介者を出すに越したことはありませんが。

ちなみに私のグループの上位にはネットビジネス界の有名人たちが何人もいるようなすごいグループです。黙っていてもダウンラインがついてきます。

私の場合、実際今のところ直紹介とスピルオーバーの割合は2:8ぐらいです。ホントに何もしなくてもダウンラインが配置されています。


ツリーは1人に1つではなく、プランの数だけ持つことになります。

もし35ドルプランならば、10ドルのツリーと35ドルの2つのツリーがあり、100ドルプランならば10ドル、35ドル、50ドル、100ドルの4つのツリーがあるといったぐあいです。

そして、それぞれのツリーにはその上のプランの人がつくことはありません。

たとえば、1000ドルプランの人が500ドル会員のツリーにつくことはありませんし、100ドルプランの人が10ドル会員のツリーにつくこともありません。

言い方を変えれば、それぞれのプランのツリーには、同じプラン金額の会員しかつかないということです。

これは最初はわかりにくいかもしれませんが、だんだんとわかってきますのでご心配なく。(次回に続く)

9月9日現在の報酬金額合計 316.28USドル


フューチャーネットのプラットフォームはまだ英語なので、今のうちに登録を希望される方は個別にサポートさせていただきます。
ブログの右コラムにある「メールフォーム」からお気軽にお問合せください(PCのみ)。

会員登録は無料です。登録完了後、今なら私のポケットマネーで10ドルプランにアップグレードさせていただきます。

私のフェイスブックでも日々の報酬明細を公開しています。

https://www.facebook.com/ken.matsuda.710

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント