Article

        

2017年を自己採点

2018/ 01/ 06
                 
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今日は新年第1回目の記事ということで、2017年当ブログにおいて紹介した案件の数々を自己採点したいと思います。

1.ノアコイン
すべてはここから始まりました。元はといえば、このブログも2017年2月ノアコインに特化したブログとしてスタートしたからです。

あれから、ノアコインに対するバッシングや、返金騒ぎなど、いろいろありましたが、2018年1月現在ノアコインは数ある暗号通貨の中でも、最も信頼性と、将来性の高い暗号通貨の1つとして認知されつつあるのは嬉しいかぎりです。

そして、今年2018年6月12日にいよいよノアコインは上場します!

すべては今年の6月に答えが出ます。私の自己採点は95点です。


2.OZプロジェクト
AIトレードの運用により、4か月で投資金額が2.5倍になるという触れ込みでスタートしましたが、ずさんな管理体制、サポート体制が次第に明るみに出て投資家の信用を失ってしまいました。結果的にトレードの運用は失敗というアナウンスがされ、希望者には初期投資金額を全額返金という顛末となりました。

投資金額が戻ってこないという最悪の事態は避けられましたが、私自身十分なリサーチを行なわないまま投資を行ない、また読者の皆さまにもご紹介してしまったことは大変申しわけなかったと反省しています。私の自己採点は50点です。


3.FutureNet
今までにない報酬発生型のSNSということで、将来性を感じて私自身約20万円を投じてロイヤルプランにアップグレードしましたが、日本では会員登録数が伸び悩み、報酬が発生したのは実質最初の2か月間だけでした。

10月21日以降は1円の報酬も発生していないという悲惨な状況です。

この結果を見れば、完全に失敗と言いたいところですが、新年にちょっとびっくりするようなニュースが飛び込んできました。

FutureNetが発行する暗号通貨FuturoCoinが、なんと2018年に複数の取引所に上場するというのです。しかも、それらの取引所の中には日本のビットフライヤーも入っていると知って2度びっくり!その上、ロイヤルプランのメンバーには無料で50通貨が付与されるのだそうです。まだまだ詳細を確認しなくてはなりませんが、FuturoCoinが本当に上場すれば、FutureNetの注目度が再燃すること間違いなしでしょう。ということで、私の自己採点は期待を込めて70点としました。


4.超優良案件X
2017年といえば「超優良案件X」と言い切れるほどにすばらしい案件でした。私自身を含め、参加者全員が実際に利益を得ることができたからです。銀行に預けても1年に100円も増えないお金が、ただ預け替えるだけで全員が数万円~数十万円の利息(配当)を受け取りました。

私自身はわずか3か月余りで投資金額を全額回収し終わり、2018年以降は純粋に利益のみという状況に入ってきています。

さらにこの会社は2018年中に独自の暗号通貨のリリースも控えており、その勢いは衰えるどころか加速するばかりです。

投資だから当然リスクはある。しかし、私が何か一つだけおススメするとすれば、迷わずこれになります。今からでも遅くはありませんので、ご連絡をお待ちしています。私の自己採点は100点です。

2018年も自分の体験を元にした厳選した稼げる情報を皆さまに提供してゆきたいと考えています。私個人としても2018年度中に完全不労収入で生活の基盤を固めることを目標にしています。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント