Article

        

超優良案件X(19) 元本回収しながら稼ぐ

2017/ 12/ 04
                 
最近は少しずつ初期投資を回収しながら、運用しています。

エビデンスとして過去約1か月間の日本円の出金履歴(コインチェック→銀行口座)を公開します。

出金履歴 スマホ2

本当にびっくりするほどお金が増えてゆきます。投資のさまざまなリスクを考慮したとしても、私はやらないと損だと思います。

そこで、今日はリスクを軽減する方法も含めていくつか運用方法をご紹介したいと思います。


投資金額は50万円と仮定して話を進めます。

①元本回収を第一に考える
リスク、リスクと言いますが、最低でも初期投資金額が全額戻ってくれば、問題はないはずです。たとえ会社が途中でつぶれても、その時点で元本が回収できていれば文句を言う人はいないでしょう。

ということで、1番目は元本回収を最優先に掲げた運用方法です。

この案件では、毎月投資金額の20%前後がビットコインで振り込まれます。実際は月18%~19%のときもありますが、このところビットコイン自体が高騰を続けているので、実質20%は楽に超えています。特に先月はものすごい上がり方をしたので、実質30%近い配当でした。

というわけで、50万円を投資した場合、毎月約10万円の配当がビットコインで支払われます。

多くの人は、この配当分をさらに再投資につぎ込むのですが、元本を早く回収したいので毎月10万円全額を引き出すわけです。

もちろん配当金の引き出しは自由にできます。

もうおわかりでしょうが、結果5か月で元本が全額回収できます。

もし、6か月目以降も運よく会社が存続していたら(笑)、以降発生する配当はすべて純利益になります。あとは儲かる以外ないというわけです。

もし会社が5か月持たなかったら・・・、とか考える人はもうこの投資はやらないほうがいいですね。

②少しリスクを取ってもいいから、もう少し長いスパンで元本回収したい
2番目は最短でなくてもいいから、もう少し長いスパンで元本回収を目指したいという方向けです。

例として、最初の3か月間は配当を全額再投資に充て、4か月目から配当を全額引き出すというパターンを考えてみましょう。

1か月目 50万円 + 20%の配当(10万円) = 60万円
2か月目 60万円 + 20%の配当(12万円) = 72万円
3か月目 72万円 + 20%の配当(14万円) = 86万円

なんと全額再投資で3か月後に50万円が86万円になりました!

しかし、まだこの時点で86万円は会社に預けたままなので、もしこのまま会社がつぶれたら1円も回収できないことになります。

ということで、4か月目から配当金を全額引き出します。

86万円 × 20% = 17万円が毎月配当金として振り込まれます。

結果、17万円 × 3か月 = 51万円 ということで、4カ月目からたった3か月で元本が回収できることになります。

これでも初期投資から7か月で元本を回収し、以降は全額が純利益になります。しかも原資は86万円に増えていますから、これもかなりおいしいやり方ではないかと思います。

③会社は最低でも1年持つと仮定し、半年再投資、その後元本回収する
3番目は、なんだかんだいって会社は1年ぐらいは持つだろうと仮定して、6か月間は全額再投資で運用し、その後元本回収するという考え方です。

上の続きで・・・
4か月目 86万円 + 20%の配当(17万円) = 103万円
5か月目 103万円 + 20%の配当(20万円) = 123万円
6か月目 123万円 + 20%の配当(24万円) = 147万円

だんだん複利の恐ろしさが出てきましたね(笑)

たった6か月で元本が3倍になってしまいました。

これがX案件が最強たるゆえんです。しかも、やることは何もなし(笑)。

では7か月目から元本回収しましょうか・・・って、おいおい、147万円 × 20% = 29万円で、たった1か月で約30万回収ってか(笑)。もちろん2か月で元本回収+おつりという結果となりました。この間、わずか8カ月です。

結果的に②とあまり変わらないですが、原資が147万円まで増えていますから、③の勝ちですかね。

以上シミュレーションでやってみましたが、ある程度再投資で原資を増やしてから元本回収するほうがお得ではないか、というのが結論でしょうか。いずれにしろ、会社が1年持つと仮定できれば、もう勝ちしかありません。

その上、上記はビットコインの値上がり分を全く考慮していませんから、どれだけ稼げるのかがおわかりいただけると思います。

とにかく1日でも早くやった者が勝ち、というのが現在の私の偽らざる気持ちです。

【ご案内】
超優良案件Xに参加ご希望の方は、ブログ右コラムの「メールフォーム」よりご連絡ください(PCの場合)。スマホでは設定を「PC版ビュー」などに変更することにより、記事の下部にメールフォームを表示することができます。

参加方法は私から個別に動画や資料を使ってご説明させていただきます。

なお、今回は参加方法はブログ上では一切公開いたしませんので予めご了承ください。

関連記事
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント